安心・安全の国産綿棒

国産綿棒は高品質で安心・安全

山洋では創業時より、材料・製造・品質にこだわりを持っています。
材料では、私共の思いを理解して頂いた、技術力の高い日本のメーカー様に提供して頂いています。また、製造では綿棒一筋49年のノウハウとこだわりが凝縮しています。山洋では、見た目がキレイなのは当たり前、硬め~ふわふわ等多様化するお客様の要望に応える努力を続けています。品質面においても安全・安心な綿棒を皆様にお届けするために独自の検査体制を実施しています。例えば異物検査や微生物試験、抗菌試験等の目に見えないところにも細心の注意を払っています。
これらのこだわりが、山洋の高品質で安心・安全な綿棒を支えています。

独自の生産・検査体制

山洋では独自の生産・検査体制を取り入れています。各商品に厳しい基準を設けて、計測機器・カメラ・金属探知機・顕微鏡等の様々な精密機器を使い厳しいチェックをしています。製造工程にも各行程のチェック項目があり、オペレーターさん、各班のリーダー、更に品質保証部の厳しい目に合格した物だけが皆様のもとに出荷されます。工場見学に来て頂いた方は検査基準から漏れたものを見て『これのどこが不良なの…?』とよく言われます。しかし、現状に満足することなくもっと安全・安心なものを多くの方に使って頂けるように日々、研究開発に取り組んでいます。

蓄積された技術が生み出す高品質

山洋では、人にやさしい綿棒を生み出すための独自の技術があります。
人にやさしい綿棒をつくるためには生産者の技術はもちろん、機械の精度もかなり重要になります。
"綿棒を知り尽くしたプロフェッショナルが機械を作る! " これが山洋の高品質のヒミツの1つです。また、山洋にはすご腕の職人たちがたくさんいます。
綿は生きているため、その日の温度や湿度で状態が微妙に変わります。
それを見事にキャッチして、さりげなく規格内に収めてしまう、すご腕職人たちの技が凝縮されているのが山洋の綿棒なのです。

このページのトップへ