SDGsへの取り組み SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

  • TOP
  • SDGsへの取り組み

わたしたちは、世界が掲げるSDGsの達成に貢献してまいります

当社は「山洋を通してより多くの人が喜び合える企業にしよう」
という企業理念のもと、
日々技術革新と商品開発に努め、50年以上にわたり多種多様な綿棒の生産を行ってまいりました。
今後も、技術革新と商品開発に努めるとともに
あらゆる企業活動を通じてSDGsの達成に貢献してまいります。

近隣の清掃活動

近隣を流れる石川の清掃風景 SDGs目標11住み続けられる街づくりを14海の豊かさをまもろう

当社の近隣を流れる『石川』の清掃ボランティアに積極的に参加し、川原に落ちている空き缶やペットボトル、ビニール袋などのゴミ拾いを行い社員一体となって景観や環境保全に努めています。
また、毎朝当社周辺の道路などを中心に清掃活動を行い、地域の景観維持、通行の安全確保に努めています。

大阪大学との共同研究

大阪大学と共同研修したDr.HUBYmicro SDGs目標の3すべての人に健康と福祉を、17パートナーシップで目標を達成しよう

大阪大学と共同研究で医療用綿棒を製法面から見直し世界初の極細径綿棒(Dr.HUBY micro)を開発。極細径化により、低侵襲(傷跡がほぼ残らない)、術中の視野が広がる、そして細かい作業を愛護的に行える等のメリットが期待される綿棒の開発を行いました。

働きやすい環境づくり

働きやすい環境づくりイメージ写真社内会議にて SDGs目標の3すべての人に健康と福祉を、5ジェンダー平等を実現しよう、8働きがいも経済成長も

ノー残業デーの導入、有給取得率向上及び計画的有給付与導入、安全衛生委員会の活動、提案箱の設置や希望者へのストレスチェック制度を採用し、全従業員の心身の健康維持に努めています。

地域貢献

地域未来牽引企業受賞日比社長 SDGs目標11住み続けられる街づくりを、17パートナーシップで目標を達成しよう

2020年4月に経済産業省により地域経済の中心的な担い手となりうる事業「地域未来牽引企業」に選ばれました。
また、富田林市と「災害時における物資の供給協力に関する協定書」の締結を行い富田林市が災害に遭った場合に綿棒を無償提供する協定を取り交わしました。今後も地域経済の発展、活性化に貢献してまいります。

山洋のSDGsの取り組みは
こちらをご覧ください。

企業情報 ABOUT US

ページ
上部へ戻る